space

YouTube
山田晃士マネージャーTwitter 山田晃士 facebook

●出演依頼・お問合せ・感想・ご意見は
 コチラから

●ライブのご予約は コチラから

プロフィール

'84年 ロックバンド"AROUGE(ア ルージュ)"でデビュー。
'94年 ”山田晃士(やまだこうし)”でシングル『ひまわり』をリリー ス。
大ヒットを記録するも、単身渡仏。
帰国後 バンド”KOSHI au Bourbier(こうしおーぶーびえーる)<泥沼楽団>” を結成。
'01年 アコーディオンとのデュオ”ガレージシャンソンショー”を結成。
'07年 “山田晃士&流浪の朝謡”活動開始。
独特な世界観を持ったシアトリカルなパフォーマンスは唯一無二の存在感を誇る。

 

山田晃士&流浪の朝謡

山田晃士&流浪の朝謡

Vo.&G. 山田晃士

山田晃士

'84年

ロックバンド、AROUGEでデビュー。

'86年

AROUGE脱退後、ソロ活動を開始。

'94年

シングル「ひまわり」でソロ・デビュー、
20万枚の大ヒット。

'97年

単身渡仏しレコーディンした、アルバム
「モノローグ・シアター」をリリース。

'97年

自身のバンド、KOSHI au Bourbier(現泥沼楽団)を結成。

'01年

Acco.とのデュオ、ガレージシャンソンショーを結成。

'03年

ガレージシャンソンショー、キングレコードよりデビュー。

'07年

山田晃士&流浪の朝謡、活動開始


Tp. 渡辺隆雄

渡辺隆雄<pikaia pandeiro special>などでリーダーを務め、これまでに6作品をリリース。 また、藤井郷子/芳垣安洋/アケタ/林栄一/三宅伸治/忌野清志郎/石橋凌/小太刀のばら/木下尊惇など、ジャンルを超えたツワモノ達からの信頼を受け活動。 哀愁と力強さを併せ持った独特のサウンドで、ジャズ~ロック~ブラジルをボーダーレスに活躍する熱いトランペッター。近年は曲作りでも高い評価を受けている。


G. 福島久雄

福島久雄'88年、東京ホットクラブバンドに参加。
フランス・ツアーでジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァルに参加する。
'99年、サラエボで開かれたJazz fest Sarajevo'99に出演。
'01年、オスロで開かれた" Django Reinhardt festivalに出演。
'07年、Gypsy Jazz Festival New Caledoniaに出演。
Gypsy swing projectでアルバム「De quel pays etes vous?」 (Capivara)、
自己のカルテットでアルバム「European dark sky」(Ohrai Records)を発表。
ノスタルジックなジプシー・スィング・ジャズからモダン・ジャズ、フリー、アーヴァンギャルド、民族音楽、
等の境界を超えたインプロヴァイズド・ミュージックを目指す。

Dr. ロジャー高橋

ロジャー高橋兄の影響でドラムを始め大阪を拠点に数々のアマチュア・バンドを経て 1982年、関西メタル・ムーブメントの折X-RAYでメジャーデビュー。
4枚のアルバムと3枚のミニアルバムを発表。 その後RESISTANCE、PUGSでそれぞれデビュー、PUGSでは2度のアメリカ・ツアーを果たす。
以後ジャンルにとらわれない自由な発想のドラミングで、石田長生、野村義男、Char、宮原学、人見元基(ex.VOW WOW)、桑名正博、桑名晴子、忌野清志郎、加川良、横道坊主、ポルノグラフィティ、D.T.R、町田康、世良公則などのバンド、サポートに参加。 現在はThe Sons、The 卍、Collagens、等で精力的に活動中。

B. 早川岳晴

早川岳晴高校在学中にアマチュアのクラシック・オーケストラで演奏し つつジャズを中心にライブ活動を始め多くのバンドを経た後に78年、伝説の変態ジャズバンド・生活向上委員会オーケスト ラに参加。
また、上田正樹Push&Pull 等でロック・シーンでの活動も開始。
以後、ドクトル梅津バンド、イースタシア・オーケストラ、コクシネル、JOHN ZORN ユニット、梅津和時KIPANA、同 NAZO、JAZZY UPPERCUT、麗蘭、仲井戸麗市バンド、シオン 、リクオ&The Hookers等に参加。 85~92年のリーダー・バンド<SALT>ではアルバムを 2枚発表、
現在のバンドHAYAKAWAでは96年以来5枚のアルバム をリリース。ほかにもソロアルバムを出している。
現在はHAYAKAWAの他、梅津和時KIKI Band、麗蘭、仲井戸麗市バンド及びデュオ、長見順デュオ、COIL、緑化計画などジャンルを超えて活動。

Acco. 田ノ岡三郎

田ノ岡三郎1970年3月28日 千葉生まれ。気ままに旅することが大好きなアコーディオニスト。
東京音大作曲科卒業と同時にTV番組やCMの音楽などの作曲活動を開始。
同時に独学でアコーディオン演奏を始め、後にパリ在住のミュゼットアコーディオン奏者、ダニエル・コラン氏に師事。
2003年8月に初のソロアルバム「はるのきざし」 、2009年春に2ndアルバム「風の趣くまま」をそれぞれリリース。
2006年9~10月、舞踏家の櫻井郁也氏とポルトガルの国際ダンスフェスティバルにて公演。
ソロや様々なユニットでのライブや、コンサート、レコーディング、イベント参加など精力的に活動中。
アコーディオン奏者としてのTVや舞台への出演も多数。

泥沼楽団

泥沼楽団

■泥沼楽団が着うたに!
「欲望輪舞曲」「裏窓」「血まみれ恥まみれ」「情熱の嵐」が着うたで配信されます!
auをお持ちの方はどんどんダウンロードして下さいね!
●サイト名:スーパーライブSOUNDSフル
●キャリア:au
●サービスカテゴリ:着うたフル
●アクセス方法:EZトップメ ニュー>カテゴ リで探す>着うたフル>クラブ・インディーズ>スーパーライブSOUNDSフル
楽曲については順次追加していく予定です。価格は1曲262円(税込)になります

■構成員
Vo:山田 晃士 G:西尾智浩 Tr:渡辺隆雄 B:橋本潤 Dr:高橋”ロジャー”和久 Key:潮崎裕巳

■泥沼楽団の歩み
【1997】 Vo.山田晃士を中心に【KOSHI au Bourbier】を結成。
【1998】 ギタリストに今井秀明(横道坊主)参 加。
【1999】 4月30日、1st ALBUM『世紀末キャバレー ~opera noir~』をリリース。
【2001】 6月、新ギタリストに塚本 晃(ex.HEAVEN)参加。
       5月、大幅なメンバーチェンジを伴い、ほ ぼ現在のラインアップとなり、
       バンド名を【山田晃士 au Bourbier】へ。
       10月13日、2nd ALBUM『欲望輪舞曲』をリリース。
【2003】 12月19日、3rd ALBUM『びらん/山田晃士と泥沼楽団』をリリース。
【2004】 4月・12月、渋谷O-Crestにて単独公演。
       7月、Key.潮崎裕己参加。
【2005】 4月、渋谷O-Crestにて単独公演。
【2006】 7月、高円寺ShowBoatにて単独 公演。
【2007】 1月、東名 阪ツアー敢行。
       6月、東名阪ツアー敢行。

ガレージシャンソンショー

ガレージシャンソンショー

ガレージシャ ンソン【garage-chanson】

  シャ ンソンの持っているブルジョアジー的要素を排除し
  その毒性・変態性の部分を強く押しだし
  例えダメ人間であろうとも
  その思いの丈を包み隠さず赤裸々に
  舞台上でさらけ出す有様。


生粋のバンドマンと 歌手という2つの顔を持っ ている山田晃士。その歌手の部分で何の束縛も制約もない”剥き出しの歌”に立ち返る事が出来る場所が佐藤芳明とのユニット【ガレージシャンソンショー】な のである。
伝統としてのアコーディオン音楽に、敬意を払いながらもその保守的な姿勢に疑問を 抱く佐藤芳明。革新的で過激なアコーディオン奏者としての自分を追求でき る場所が山田晃士とのユニット【ガレージシャンソンショー】なのである。
図らずも二人は、96年当時、山田はアルバム『モノローグシアター』録音の為、佐 藤はDaniell Mille氏に師事する為、パリに在住していたという経歴を持つ。
【ガレージシャンソンショー】という名の由来は、そんな二人の欧州文化に憧れつつ もそれを悟られぬ様に皮肉ってしまう、といったややひねくれた天の邪鬼的 性質の表れである。実のところは、本物のシャンソニエの方々にお叱りを受けやしないかビクビクしている毎日。いや、お叱りを受けたいのかもしれない。
 
ガレージシャンソンショー山田晃士  ガレージシャンソンショー佐藤芳明


■佐藤芳明プロフィール

国立音楽大学在学中に独学でアコーディオンを始める。
1995年~96年、パリの C.I.M.Ecole de Jazz に留学、アコーディオニスト・Daniel Milleに師事。
ライブ、レコーディング、舞台音楽など、様々な現場で数多くの仕事をこなし、国内外を問わず、ジャンルを越えて幅広く活動。
既存のアコーディオンのイメージにとらわれない独自のサウンドを目指す。

http://www.geocities.jp/acc_sssaaatttooo/index.html